2018年6月20日水曜日

晴読雨読

6月はギターを教える事以外、目立った活動をしていない。
だいたい本を読んでた。でも、内容は地味ながらすこぶる面白かった。

まず、ボッカッチョの「デカメロン」読了。
こんな面白いものを読んだのは久しぶり。電車で読んでてて、もう終わりそうになったときは寂しさがこみ上げてくるほど。
上巻と中巻はエロ小説的な内容が多かったけど、下巻の最後の最期、第10日目にいい話を固めてある。なので、結構文学的やなーって勘違いしそうになるけど、そんなことはないよ。ちゃんと覚えてる。

でも、エロ的な内容(官能小説ではないよ)が活き活きとしていて感動すら覚えます。
女嫌いの夫が、妻の連れ込んだ若い男を見つけて激怒するが、妻の方から「あんたが私の相手をしないからだよ」と言い返されて、最後は3人で寝てめでたしめでたし、って話があったけど、こんなの微妙な話やけど面白い。随分と思い切った内容やと思う。
こういう話が多いのに世界的文学作品といわれてるのも痛快な感じがする。

それと並行して読んでたのがカスティリオーネ「宮廷人」。これも読了。
「デカメロン」と違ってお上品な本でした。
 

図書館で借りてきた。書庫から取り出してもらったのだけど、広辞苑かと間違うほどの分厚さに驚愕。おまけに定価(1万6千円)にも驚愕。鬼ころし160パック分。1日3パック飲んでも1ヶ月半ぐらいもつ。胃がもたないかも。
家で寝転がって読むのに苦労した。

すべて宮廷での会話となっている。
第1章では、宮廷人は武人であることが第一であるが、文学や音楽の教養もいるよ、ということが書かれており、気取りと自惚れは慎みなさい、って感じです。「こんなん読んだでー」ってブログなどに書くのはいかがなものか?って言われてるような気がする。
第2章では、ダンスや音楽のこと、会話、話し振りについて議論がされる。自分から「弾かせてー」「歌わせてー」って言うのははしたないので、「やってやって!」っていわれて「しゃあないなあ」って言いながら完璧にやってみせたらかっこいいぞ!っていうことが書かれてあった。そらそうやろ。いつでもそうしたいわ。後半は「笑い」を分析していて興味深い。でもルネサンスギャグは面白いのかどうかよくわからないことも多い。
第3章では、宮廷の女の人の振る舞いについて。メディチ家のジュリアーノ(レオ10世の弟)が語る。ジュリアーノは色男。
第4章は、君主との関係や、どういう風に君主を教育していくか、など。後半はピエトロ・ベンボが、中高年の恋愛について話し始めたら、なぜかヒートアップして、天上の愛について熱く語って終わっている。お前は神か。

分厚いわりになかなかの読みやすさです。ルネサンス時代の宮廷の様子がよくわかりますよ。皆様もいかがですか?

そうそう、ルネサンスダンスについても調べている。16世紀のダンス指南書、トワノ・アルボー著「オルケゾグラフィ」は原典はダウンロードで持ってるけど、フランス語は読めない。
それで英語版を入手して読んでる。実際に踊るわけじゃないけど、ダンスの内容は知っておきたいもんね。でもこれが手強い。英語に弱いということもあるけど、わからないことだらけです。いつなったら読み終えられるのやら。

ルネサンスのリュート曲など、舞曲がいっぱいあるけど、いまいち、どこに気をつければいいかわからない。テンポをどうするかとか、ほんとにこんな難しい曲で踊ってたの?とか。
古典ダンスの研究者に聞いたり、いろいろな本を読んで知ったけど、16世紀初頭に楽譜出版ブームが起こり、シャンソンの譜面がいっぱい出版されている。その旋律で舞曲にしているものも結構あるとのこと。楽譜としては旋律だけだったりしてもある楽器で即興で合わせてたらしい。うーん。そんなことが可能なのかな。今の僕ではできないけど、できるようになりたいのですよ。


2018年6月15日金曜日

再びライ・クーダー

CDを買いに外へでる。

この前から気になってるライ・クーダー。
ネットでいろいろ調べてみるとデビューからの3作がいいらしい。アメリカの昔の曲を調べて録音してるって。お金がないので中古レコード屋で探す。
今回手に入れたのは2作目「Into The Purple Valley(紫の峡谷)」。
ヘビィメタルかなと思う「紫の・・・」タイトルですが、全然そんなことなかったです。カントリーブルース的な曲ばかり。ウディ・ガスリーの曲もやってる。地味やけどこんなCDが欲しかったんです!みんな知ってたら教えて。
聴き進むといい曲ばかり。アルバムとしての統一感もある。名盤ですな。
この前、新譜「The Prodigal Son」買ったときにヴァン・ダイク・パークスを思い出してた。ちょっと違うけどどちらもアメリカの昔の音楽に詳しいんやなー、と。って思ってたら、「Into The Purple Valley」にはピアノでヴァン・ダイク・パークスが参加してる。あーつながったなーって思いましたね。

前期昔のアメリカ三部作の中で、なんでこのCDを買ったかっていうと1972年リリースは名盤が多いんですよ。
ちょっと調べても、ディープパープル「Machine Head」、ドクタージョン「Gumbo」、ダニーハサウェイ「LIVE!」、マイルスデイヴィス「On The Corner」、グラントグリーン「Live at the Lighthouse」、スティービーワンダー「Talking book」といくらでも出てくる。
じゃあ、買ってしまおうと。中古やけどな。

11枚組のBOXセットもあって4千円ちょっとなんで、それもええなーと思ったけど、1枚ずつ買い揃えるウキウキ感もいいんですよね。

このブーム、しばらく続くかな。

2018年6月5日火曜日

ライ・クーダー

ライ・クーダーの新譜がいい。
「The Prodigal Son」。日本語にすると放蕩息子?
とても他人事とは思えなくて買った。←ウソです。
ライ・クーダーを買ったのはほんと久しぶり。
前に買ったのは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。
結構昔ですね。90年代終わり頃かな。キューバとアメリカが国交断絶してた頃に、キューバの超ベテランミュージシャンとのセッションを記録した映画のサントラですね
(これ、間違ってました。レコード/CDの方が先で、映画が後でした。)
当時で90歳の人とかいたから、もうこの世にいないかも。
サルサぐらいしか知らなかったキューバ音楽を全世界に紹介したことで世俗音楽ファンには重要なアルバムでした。

今回の新譜「The Prodigal Son」は、ドラマーである息子との共同プロデュース。
全体にわたってカントリー/ブルース風な曲が多いかな。派手な曲はないけど、真ん中ぐらいから得意のスライドギターを存分に堪能できる。中盤から静かな感じになってくる印象を受ける。聴きどころがこの辺か。

まだ、1曲1曲はよく聴きこまないとわからないけど「You must unload」が好き。F調のフォークブルース。
年を経てくるとこういうCDが有り難いと思うようになるんですよね。
もうちょっと聴き込もう。

2018年6月1日金曜日

シャンソン

ルネサンス時代、ダンス音楽は、シャンソンのメロディに即興で伴奏つけて弾いたそうである。そんなことすぐにできるのかな。曲を知ってたらなんとなくできる時もあるか。「もしもしカメよ」とか「ももたろう」とかやったら出来るかも。

そういえば、ル・ロワのルネサンスギターの曲集の第2集がそれに近いことやってる。
シャンソンのメロディが左ページに載ってて、それのルネサンスギターの伴奏(というか編曲)が右ページに載ってる。
ジェームズ・タイラーさんの書いた「The Guitar and its Music」によると、この曲集のほとんどはル・ロワが書いた曲らしい。この曲もそうなのかな。でも単旋律?

例えば、これ。

メロディがわかりやすい。「ドーラシ、ドドレード、シドラー、シーー」みたいな。

ルネサンスギターの伴奏はこう。

パヴァーヌってかいてある。
はじめに弾いた時、「ドーラシ」が1小節目だとなんとなく思ってたけど、それだとコードが合わない。よくみると「ドーラシ」で2小節使ってるね。1小節目のコードはC。2小節目はF−G。これならメロディと一致する。

でも、これのテンポはどうとったらいいのだろう?
「ドーラシ」をゆっくり目にとっても伴奏は結構テンポ速くなってしまう。チャンチャチャ/チャチャチャチャみたいになってまうよ。ん?なに言ってるかわからんって?

ギター伴奏を「チャーーン、チャン、チャン/チャン、チャン、チャン、チャン」ってパヴァーヌ風にゆっくりとると、歌がめちゃくちゃゆっくりになるけどええんかな。

ギターだけやったら、迷わずそうするところやけど。

2018年5月30日水曜日

ルネサンスの音楽世界

「ルネサンスの音楽世界」という本を読んでいる。
ルネサンス音楽のことってぜんぜん知らんなー、と数ヶ月前に思って、いろいろ図書館で借りて読んでるんですよ。並行して「デカメロン」とかもね。

この本は三部作で、「中世の音楽世界」「バロックの音楽世界」という本があるそうだ。日本語訳されてるのは中世のやつだけ。もうすぐ、バロックも出るんちゃうかな。でも、この本でも9000円ぐらいするから買いづらいなー。図書館で借りるのがいいよ。
訳した人が、今、世間で使われてるカタカナとちょっと違うように書いてる。例えば、ディエゴ・オルティスって呼ばれてるビオラ・ダ・ガンバの奏者もディエゴ・オルティッツって書かれてる。まあ、そう読めんこともないし、国によったらそう呼んでるかもしれないけど、世間に合わせてほしいなー。

なんか読みづらいなー、と思いつつも、結構面白い。
ミサ曲やモテットの作曲方法はピンとこなかったけど、器楽曲の説明が結構長く書いてある。即興的にやってた民衆的なことは文書になってないけど、ハイソサエティな音楽は楽譜が残ってる。世間で大流行したから本に載った曲ってのもあるみたい。
また、世俗曲であるシャンソンのテナー部分を抜き出して、それにコードや他パートを即興的につけて演奏されてた、とかね。そんなんできるようになりたいわー。

ダンスとその音楽についてもわざわざ1章を儲けてる。即興が中心なので音楽についてはなかなかわからないけど、ダンス曲集の出版物やダンスの指南書など、15世紀から17世紀ぐらいまで言及がある。これは結構珍しいですよ。

なかなか、面白い本です。ルネサンス好きの人は読んでみたらいいと思うよ。
そうそう、まだ読んでないけど、ルネサンス時代に流行った「プラトン哲学と宇宙論」って章が付録についてる。これも興味深い。

2018年5月21日月曜日

デカメロン(上、中)

ボッカッチョの「デカメロン」、ちょっと前から読んでますが、超面白いです。
今の時代、鬱的な人にとっては、カニコーセンのブログが面白いですが、その次ぐらいに面白いです。
 

ペスト大流行の1300年代のフィレンツェで男女10人がちょっと田舎に引き込んで、1日1人1話(合計10話)、10日間に渡って面白い話をしよう、という趣向。全100話が物語られます。

ボッカッチョはダンテファンだったみたいで、この本もダンテの「神曲」100歌にならってかどうかはわからないけど、100話まであります。途中、ダンテの書いたそのままを使ってる場所もあるようです。訳者が注釈でわざわざ書いてたのでボッカッチョは「オレ、ダンテ知ってるで!」っていいたかったんでしょうね。

1日目が始まる時終わった時、2日目、3日目、それぞれにお話が終わった後、食事の後、歌を歌ってダンスをします。リュートを弾きながらってとこもあって結構グッときますね。1300年代は貴族のあいだだけでなく市民へも音楽やダンスが広まってたようです(ここでは貴族の男女ですが)。感慨深いものですよね。

「上」の3日間が終わって、これは好色文学か!?と思ったのもつかの間、次の「中」に入ると、いきなり泣かせる話があって、自分が700年ほど昔のボッカッチョにどれだけ弄ばれてるんだ!って思いますよ。酒飲みながら読みたいね、泣いたり笑ったりしながら。

ボッカッチョってちょっと前は「ボッカチオ」でした。いつからかるーいスナック菓子(パックンチョ)みたいな名前になったんでしょうか。内容と照らし合わせると、それ(かるーい感じの名前)もいいなーって思います。なんか、ヨーロッパ文学の大御所みたいな感じでしたが、全然そんな風に思わず、でも人間の喜怒哀楽が感じられるのがいいな。

今まで読んだ内容では、聖職者の腐敗への罵倒と、不義密通しても男女の愛は高尚というか気持ちいいものである、ということで自然的に高尚なものである、ってことが中心だったかな。偉そうにしている奴には罵声を浴びせるけど、男女の睦言にはおおらか。西鶴みたいな感じなのかな。知ってるものでは落語のエロ話に近い。

この後、どんな話が出てくるのか、ほんとに楽しみ。


2018年5月14日月曜日

ジェズアルド

今谷和徳氏の「ルネサンスの音楽家たち」Ⅰ、Ⅱを一気に読んだ。赤川次郎を買った人のように貪るようにね。

Ⅰ巻で面白かったのはデュファイの章。読み進んでわかることなんやけど、小さい時からの記録が残ってるのはデュファイぐらい。他の作曲家は20歳、30歳ぐらいまで何してたのかわからないんですよ。でもデュファイは結構記録が残ってた。聖職者だったし、結構イタリアで活躍してる。そんなん知らんかったなー。結構好きな作曲者です。

興味深いのは、鬱的な音楽を書いた、リュート奏者には超有名なジョン・ダウランド。
本人は国王の宮廷音楽家として採用して欲しくていろいろな手を尽くすけど、いつも脇が甘い。甘すぎる。で、採用されない。ヨーロッパ全体では結構有名人になってたのにな。
自身の宗教観がよくなかった、というかあんまり宗教に興味もってなかったんちゃうかな。他の音楽家と比べたら結構どうでもいいと思ってた感がある。他の人にはどうでもいいこととちゃうかったんやけどね。
まあ、こういう上手くいってない人は僕の興味の対象になるんですよ。僕がうまくいってないからね。(ほっとけや!)

さらに興味を持ったのはカルロ・ジェズアルド。
鬱病だったのはCDなどのライナーノーツから知ってたけど、生立ちなんかをみてると、ナポリの有力貴族だったのに、引きこもり体質だったみたい。

一回目の結婚の後、妻が男と密通してるので、その現場を押さえて、家来に二人を殺害させてる。誰も幸せにならない暗い感じが漂う。後のエピソードと合わせて思うのは、ジェズアルド自身はどうしたらいいかわからなくて、家来が「じゃあ、こうしましょう」と言って二人の殺害計画を立てたんじゃないのかな、と思った。そんなことは書いてないけど。もう、しょっぱなから転落人生やな。

その事件の後、ほとぼりが冷めてから、エステ家のエレオノーラと音楽の最先端の地、フェラーラで2回目の結婚をし、そこで自作の曲の出版を行う。たぶんここが彼の一番幸せだった時代。
結婚式と出版が終わったら、妻のエレオノーラをフェラーラに残して自分だけナポリ近郊のジェズアルドに帰ったりしている。というか引きこもってる。一緒に帰るのはエレオノーラが嫌がったのかもしれないけど、まあ一人で作曲してるのも面白かったんかな。今に通じるオタク体質ですよね。ここでも「一緒にジェズアルドのお城に行って暮らそう!」って、ちゃんと妻に言えてないんじゃないかな。

カルロ「ぼく、ジェズアルドのお城に帰るけど一緒に来る?暑くてジメジメしてるけど。。。」
エレオノーラ「えっ?(怖)」
みたいな。

やっぱりそういう体質から生まれた音楽は鬼気迫る、いや違うな、変にイビツで、でも美しいものがあります。僕は数年前にCDを買って戦慄が走りましたね。美しく響いた和音の後にデカダンスな空気が現れる。全然ハッピーにしてくれないんですよ。でも、それがとてつもなく綺麗なんです。

持ってるCDを推薦しときます。第6集、欲しいな。
カルロ・ジェズアルド(幽霊みたい!)
ヴェネクシアーナ、マドリガーレ第4集
ヴェネクシアーナ、マドリガーレ第5集
ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ、マドリガーレ第3集



















ほんと死にたくなるね、こんな音楽聴いてると。やばいやばい。