2018年7月19日木曜日

オルケゾグラフィの謎

オルケゾグラフィ、ガリアルドのあたりを読んでいるところ。
ガリアルドの前に、トルディオンのメロディが出てくる。

トルディオンとガリアルドの違いがよくわからないけど、このトルディオンは、オルケゾグラフィの注釈(訳者の注釈です)にも書いてある通り、Jacques Moderneの「Musique de Joye」に同じ曲が載っている。
これです。




上からソプラノ、アルト、テナー、バスの順番に並べてみました。オリジナルの譜面はパート譜なので並べてみたくなりますね。ソプラノのメロディがほとんど同じです。

これだけ情報があったら、リュートでもルネサンスギターにでも移せるやん、と思ったけど、読めないところがある。テナーの4つ目と5つ目の音が黒のセミブレヴィスとミニマ。これって「カラレーション」やんな、と思ってウィリー・アーペルの「ポリフォニー音楽の記譜法」を読んでみたけど何書いてるかさっぱりわからない。それまでの流れとちょっと違うリズム感になるよ、ってのはわかるんですが。どうしたもんかね。誰か教えて下さい。

でもバスとメロディとで、なんとなくルネサンスギターのタブ譜を書いてみました。
下の部分がトルディオン(Tordion)ですね。上は次に出てくるガリアルドです。副題「裏切り者のために私は死ぬ」ってどんなタイトルや。007っぽいな。

で、問題はその後なんですよ。
いろいろとややこしいステップの説明があって紹介されるのが、このガリアルド。

これは3拍子じゃないよね。2拍子でもない。7拍子ちゃうか?
本当なのかな?
この本読んで最大のピンチです。助けて!

2018年7月10日火曜日

オルケゾグラフィ

アルボーの「オルケゾグラフィ」を読んでいる。
16世紀フランスで出版されたダンス教本で、曲の音符に一々ステップを書き込んでくれてたりする。この辺を勉強していけば舞曲がわかるようになるかな。
でも英語が得意ではないので全然進まない。フランス語は習ったこともないからさらに読めない。

途中に曲が載っているので、それをリュートに移すことにした。いわゆるインタブラトゥーラってやつかな。

曲はこんな感じ。パヴァーヌです。
一番上の太鼓のパート以外をリュートに移していく。Gmなのでリュートでは得意な調。
こんなになった。数ページにわたるので長いなと思ってたけどリュートのタブ譜にすると4段で全部入る。タブ譜は便利。

気を良くしたので、ルネサンスギターにも移してみよう。
でも、これはなかなかうまくいかない。各声部のつながりが全く考慮されていないものになってしまった。まあ、ジャカ弾き用ってことにしとこうかな。
気が向いたらもう一回考えてみよう。

「オルケゾグラフィ」はステップを絵で教えてくれる。
「休め」?
空中に浮かんでる!
ダンスの一番初め、「ごあいさつ」です
でも、わかるような、わからないような。。。

2018年7月2日月曜日

バスダンス

ル・ロワのルネサンスギター曲集第3集にバスダンスが2曲入ってる。
2曲といっても、同じフレーズの順番を入れ替えただけみたいな感じなので、1曲めばかり弾いてる。
こんな曲。


これが出版された当時(1552年)は、「バスダンス」というのは流行遅れになっていたらしい。次のページにはトルディオンも載っている。「バスダンス」−「トルディオン」という組み合わせは「パヴァーヌ」−「ガリアルド」に似てますね。16世紀中頃からは「パヴァーヌ」−「ガリアルド」が多くなっていくみたい。

この曲は他でも出版されていて、Jacque Modernoの「Musique de joye」という曲集に入っているらしい。
それがこれ。

メロディを追ってみると同じ曲だということがわかる。
さらに、クレマン・ジャヌカンのシャンソン集にも入っているらしい。
それが、こいつ「Il estoit une fillette」。

ちょっとメロディの感じが違うけど大体同じ。っていうかこっちが先なんでしょうけどね。こっちが1540年出版、ル・ロワの第3集は1552年出版です。(Jacque Modernoの「Musique de joye」は出版年が不明です。)

CD持ってないかなーと思って探してみると、「鳥の歌」(クレマン・ジャヌカン・アンサンブル)に収録されてました。
1分ちょっとの短い曲。でしたが、皆さんご想像のとおり、やっぱり桃色歌詞でした。歌詞の内容は、『昔、女の子に「ええこと教えてあげる」といって教えたら、「もう1回!もう1回!」って言われ続けて「もう無理!」って言った。。。』とかなんとか。

ジャヌカンは聖職者だったらしいけど、こんな曲書いてて大丈夫やったんかな。でもパリでは大流行してたらしいし。

そんな桃色シャンソンが、なぜか偉そうに「バスダンス」になってるのも面白いですね。だからルネサンスはやめられない。

この流れでいうのもなんなんですが、トリつながりで、ここから宣伝です。
(注意:ファミリー向けなのでお色気内容ではありません)

***************************************

「おはなしえん」夏・秋編


場所:天王寺動物園・レクチャールーム
   入場無料
  (動物園への入場料¥500は必要です)
日時:7月8日(日)
   1回目:13時30分〜/
   2回目:15時30分〜

朗読:「ペンギンは空をめざす第9話 ペンギン」
    ミツかね堂/バナナンボ
お芝居:「世界トリ会議」劇団超人予備校

2018年7月1日日曜日

またまたライ・クーダー

なにかを好きになると、もうそればっかりになったりする。
カレー美味しいなーって思ったら1週間それだけでもいける。インド人になってもいい。いや、暑いのはいややけど。

で、ライ・クーダーなんすよ。
もう、やめられなくなってる。
やっぱりファーストアルバムを買いました。
かっこいいジャケットですね。これぞアメリカ!って感じ。かっこいいジャケットはこのアルバムだけのような気がする。まあ「ブエナビスタ」は良かったかな。レーベル違うし。
このファーストアルバム、発売は1970年ですが、もうそれまでにスタジオミュージシャンとして有名になってました。60年代はタジマハールと一緒にバンドやったりしてましたね。

内容は申し分なし。デビューアルバムがこのクオリティだったらすごいね。録音も悪くないし。あ、これはリマスター盤やったかな。最後の曲(DARK IS THE NIGHT)がスライドギターのソロ。しびれますねえ。

あと、古楽友達のSakataniさんお薦めの「GET RHYTHM」「PARIS, TEXAS」も買いました。
 

「GET RHYTHM」は中古で650円、「PARIS, TEXAS」は新品で800円でした。「ファースト」も中古(新品同様)で1300円。
ライ・クーダーはコストパフォーマンスが今、最高にいい!売れないのか?

「GET RHYTHM」は「Doing Back to OKINAWA」が入ってました。この曲、知ってる!
「PARIS, TEXAS」は、この写真とは違うジャケットだったけど、アコースティックのスライドギターが堪能できます。最後の曲「Dark was the Night」はファーストの最後の曲と同じ曲なのかな?ちゃんと聴いてないからわからないけど、ISとWASの違い。

それと5枚目のリリース「CHICKEN SKIN MUSIC」。
テックスメックスって何?ってとこからなんやけど、メキシコ風な音楽をテキサス風にやった音楽らしい。メキシコ風ってよくわからんけど、アコーディオンが入ってるので、あーなるほど!って思う。中米的かもって。この辺からアメリカルーツだけには飽き足らず、アメリカ周辺の音楽を漁っていくことになるんやねえ。ハワイアンの曲もあって、それらが、アルバム内で異色にはならず、うまく溶け込んでいるのが不思議。マジックやね。

それとサードアルバム「BOOMER'S STORY(流れ者の物語)」。
初期3部作の最後のアルバム。アメリカのルーツミュージックをライ・クーダー風にやったもの。もう、泣かせるよね。ライが弾いてる方がなんかルーツミュージック風に聞こえたりするけど、これがライの芸風なんですね。70年代ってこんな感じのアルバムが多い。イーグルスだってこんな感じのバンドだった。これも名作ぞろいの72年発表。

なんでライ・クーダーがいいと思えるのか?
おそらく古楽的なアプローチのミュージシャンだからだろう。このへんになると調べる内容も録音が残ってたりしてるので、当時のそのままってことにはならないけど、精神的にそのまま感を出してるってとこなんでしょうかね。尊敬する音楽家です。

2018年6月20日水曜日

晴読雨読

6月はギターを教える事以外、目立った活動をしていない。
だいたい本を読んでた。でも、内容は地味ながらすこぶる面白かった。

まず、ボッカッチョの「デカメロン」読了。
こんな面白いものを読んだのは久しぶり。電車で読んでてて、もう終わりそうになったときは寂しさがこみ上げてくるほど。
上巻と中巻はエロ小説的な内容が多かったけど、下巻の最後の最期、第10日目にいい話を固めてある。なので、結構文学的やなーって勘違いしそうになるけど、そんなことはないよ。ちゃんと覚えてる。

でも、エロ的な内容(官能小説ではないよ)が活き活きとしていて感動すら覚えます。
女嫌いの夫が、妻の連れ込んだ若い男を見つけて激怒するが、妻の方から「あんたが私の相手をしないからだよ」と言い返されて、最後は3人で寝てめでたしめでたし、って話があったけど、こんなの微妙な話やけど面白い。随分と思い切った内容やと思う。
こういう話が多いのに世界的文学作品といわれてるのも痛快な感じがする。

それと並行して読んでたのがカスティリオーネ「宮廷人」。これも読了。
「デカメロン」と違ってお上品な本でした。
 

図書館で借りてきた。書庫から取り出してもらったのだけど、広辞苑かと間違うほどの分厚さに驚愕。おまけに定価(1万6千円)にも驚愕。鬼ころし160パック分。1日3パック飲んでも1ヶ月半ぐらいもつ。胃がもたないかも。
家で寝転がって読むのに苦労した。

すべて宮廷での会話となっている。
第1章では、宮廷人は武人であることが第一であるが、文学や音楽の教養もいるよ、ということが書かれており、気取りと自惚れは慎みなさい、って感じです。「こんなん読んだでー」ってブログなどに書くのはいかがなものか?って言われてるような気がする。
第2章では、ダンスや音楽のこと、会話、話し振りについて議論がされる。自分から「弾かせてー」「歌わせてー」って言うのははしたないので、「やってやって!」っていわれて「しゃあないなあ」って言いながら完璧にやってみせたらかっこいいぞ!っていうことが書かれてあった。そらそうやろ。いつでもそうしたいわ。後半は「笑い」を分析していて興味深い。でもルネサンスギャグは面白いのかどうかよくわからないことも多い。
第3章では、宮廷の女の人の振る舞いについて。メディチ家のジュリアーノ(レオ10世の弟)が語る。ジュリアーノは色男。
第4章は、君主との関係や、どういう風に君主を教育していくか、など。後半はピエトロ・ベンボが、中高年の恋愛について話し始めたら、なぜかヒートアップして、天上の愛について熱く語って終わっている。お前は神か。

分厚いわりになかなかの読みやすさです。ルネサンス時代の宮廷の様子がよくわかりますよ。皆様もいかがですか?

そうそう、ルネサンスダンスについても調べている。16世紀のダンス指南書、トワノ・アルボー著「オルケゾグラフィ」は原典はダウンロードで持ってるけど、フランス語は読めない。
それで英語版を入手して読んでる。実際に踊るわけじゃないけど、ダンスの内容は知っておきたいもんね。でもこれが手強い。英語に弱いということもあるけど、わからないことだらけです。いつなったら読み終えられるのやら。

ルネサンスのリュート曲など、舞曲がいっぱいあるけど、いまいち、どこに気をつければいいかわからない。テンポをどうするかとか、ほんとにこんな難しい曲で踊ってたの?とか。
古典ダンスの研究者に聞いたり、いろいろな本を読んで知ったけど、16世紀初頭に楽譜出版ブームが起こり、シャンソンの譜面がいっぱい出版されている。その旋律で舞曲にしているものも結構あるとのこと。楽譜としては旋律だけだったりしてもある楽器で即興で合わせてたらしい。うーん。そんなことが可能なのかな。今の僕ではできないけど、できるようになりたいのですよ。


2018年6月15日金曜日

再びライ・クーダー

CDを買いに外へでる。

この前から気になってるライ・クーダー。
ネットでいろいろ調べてみるとデビューからの3作がいいらしい。アメリカの昔の曲を調べて録音してるって。お金がないので中古レコード屋で探す。
今回手に入れたのは2作目「Into The Purple Valley(紫の峡谷)」。
ヘビィメタルかなと思う「紫の・・・」タイトルですが、全然そんなことなかったです。カントリーブルース的な曲ばかり。ウディ・ガスリーの曲もやってる。地味やけどこんなCDが欲しかったんです!みんな知ってたら教えて。
聴き進むといい曲ばかり。アルバムとしての統一感もある。名盤ですな。
この前、新譜「The Prodigal Son」買ったときにヴァン・ダイク・パークスを思い出してた。ちょっと違うけどどちらもアメリカの昔の音楽に詳しいんやなー、と。って思ってたら、「Into The Purple Valley」にはピアノでヴァン・ダイク・パークスが参加してる。あーつながったなーって思いましたね。

前期昔のアメリカ三部作の中で、なんでこのCDを買ったかっていうと1972年リリースは名盤が多いんですよ。
ちょっと調べても、ディープパープル「Machine Head」、ドクタージョン「Gumbo」、ダニーハサウェイ「LIVE!」、マイルスデイヴィス「On The Corner」、グラントグリーン「Live at the Lighthouse」、スティービーワンダー「Talking book」といくらでも出てくる。
じゃあ、買ってしまおうと。中古やけどな。

11枚組のBOXセットもあって4千円ちょっとなんで、それもええなーと思ったけど、1枚ずつ買い揃えるウキウキ感もいいんですよね。

このブーム、しばらく続くかな。

2018年6月5日火曜日

ライ・クーダー

ライ・クーダーの新譜がいい。
「The Prodigal Son」。日本語にすると放蕩息子?
とても他人事とは思えなくて買った。←ウソです。
ライ・クーダーを買ったのはほんと久しぶり。
前に買ったのは「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。
結構昔ですね。90年代終わり頃かな。キューバとアメリカが国交断絶してた頃に、キューバの超ベテランミュージシャンとのセッションを記録した映画のサントラですね
(これ、間違ってました。レコード/CDの方が先で、映画が後でした。)
当時で90歳の人とかいたから、もうこの世にいないかも。
サルサぐらいしか知らなかったキューバ音楽を全世界に紹介したことで世俗音楽ファンには重要なアルバムでした。

今回の新譜「The Prodigal Son」は、ドラマーである息子との共同プロデュース。
全体にわたってカントリー/ブルース風な曲が多いかな。派手な曲はないけど、真ん中ぐらいから得意のスライドギターを存分に堪能できる。中盤から静かな感じになってくる印象を受ける。聴きどころがこの辺か。

まだ、1曲1曲はよく聴きこまないとわからないけど「You must unload」が好き。F調のフォークブルース。
年を経てくるとこういうCDが有り難いと思うようになるんですよね。
もうちょっと聴き込もう。